スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

ジャパンカップ2016の現時点での注目馬

みなさんはじめまして。このブログの管理人のトップガンです。このブログでは自分が興味があることや体験したことなどを書いていきたいと思います。

 

 

f:id:topgun428:20161124002456j:plain

 

 

まずは私は競馬を毎週末見ている(某地上波局ではなくG局です)ので、まずは競馬のことを書こうと思いますが、ちょうど今週は東京競馬場ジャパンカップ(GⅠ 芝2400メートル)が行われるので、まずは有力馬について書きたいと思います。

 

 

 まずは昨年の有馬記念を制したゴールドアクターですが、今季は天皇賞春は惨敗しましたが、日経賞オールカマーを制しています。天皇賞は距離の問題もあったと思いますね。

 

 

天皇賞秋をスキップしてジャパンカップに照準を定めてきましたが、この馬の父は08年のジャパンカップを制したスクリーンヒーローです。このレースへの適性はあると思いますし、昨秋はアルゼンチン共和国杯を制していますから、東京コースも問題ないと思います。

 

 

続いては今年の天皇賞春を制したキタサンブラックジャパンカップに照準を定めてきました。父はディープインパクトの全兄のブラックタイドで、母父は短距離で活躍馬を輩出しているサクラバクシンオーですが、この馬は長距離でGⅠを制しています。

 

 

問題は東京コースだという所かもしれません。昨年春に惨敗した日本ダービー以来の東京コースでの競馬です。直線の長い東京で粘れることが出来るか。

 

 

3歳馬では皐月賞を制したディーマジェスティが出走予定です。今年の3歳馬はレベルが高いと言われていますが、果たしてどうか。前走の菊花賞は4着でしたが、馬体重が少し重かったのかもしれません。父はディープインパクト

 

 

それから今春にドバイターフを制して念願のGⅠ制覇を成し遂げたリアルスティールですが、今秋は毎日王冠を使えなかった誤算はありましたが、ぶっつけの天皇賞秋では2着と好走しました。この馬もディープインパクト産駒です。

 

 

シュヴァルグランは前走のアルゼンチン共和国杯を制しての参戦です。アルゼンチン共和国杯を制した馬は近年出世することで知られているのは強調点です。父のハーツクライはこのレースで2着したことがあります。

 

 

ここまで挙げた5頭ではリアルスティールディーマジェスティに現在は注目しています。なにせ、ディープインパクト産駒は近4年で毎年馬券になっているからです。

 

 

12年、13年と連覇したジェンティルドンナ、14年3着のスピルバーグ、昨年はショウナンパンドララストインパクトのワンツーでした。

 

 

私は競馬を予想するときには血統を重視して予想しているので、やはりディープインパクト産駒がこのレースで相性の良いことは見逃せないデータです。

 

 

その他では昨年2着馬のラストインパクト、5着のサウンズオブアースなども注目です。外国馬3頭は昨年負けた2頭も含めているので、今の所重い印を打つことは考えていないのですが、木曜日は雪予報、日曜日も雨が降る可能性がありそうなので、馬場が渋ることは良いことかと。

 

 

取り合えずこんな感じで書いていきたいと思います。