読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

ジャパンカップ2016の予想をしてみた

競馬

 

f:id:topgun428:20161124002456j:plain

 

 

今回は日曜日に東京競馬場で行われるジャパンカップ(GⅠ 芝2400メートル)のレース予想を書いてみたいと思います。

 

 

・まずは有力馬の評価

 

昨年の有馬記念を制して、今秋のオールカマーを制したゴールドアクターですが、天皇賞秋をスキップして、ここを目標に調整されました。

 

能力はもちろん国内でもトップクラスだと思いますし、東京コースは昨年のアルゼンチン共和国杯を勝っていて、父は08年のこのレースの勝ち馬であるスクリーンヒーローですし、これは高い評価をします。

 

 

 

今年の天皇賞春を制したキタサンブラックですが、この馬も京都大賞典を勝った後にここを目標に調整されました。東京コース、左回りは大敗した昨年のダービ以来になります。

 

 

本来は小回りコースでうまく立ち回ってくる展開が最も向いていると思うので、東京コースは不安点であると思います。また道悪もそれほどよくないと思います。

 

 

 

今年のドバイターフを制し、天皇賞秋でも2着と好走したリアルスティールですが、前走は毎日王冠を使えなかっ臨戦過程だったので、厳しいと思っていたのですが、結果は2着でした。

 

 

ディープインパクト産駒で、ディープ産駒はこのレースで3勝、2着2回、3着1回と12年以降では毎年馬券になっています。また母系にはヌレイエフ、近親にキングマンボと東京コースに強い血統が入っています。前回よりも高い評価を。

 

 

 

今年の皐月賞馬のディーマジェスティですが、菊花賞は馬体が微増だったことなどが影響したと思います。3歳牡馬はそこまで成績が良くないレースですが、これもディープ産駒で、関東圏での競馬では崩れていません。勝つ可能性も十分。

 

 

近年は出世レースと言われるアルゼンチン共和国杯を制したシュヴァルグランは元々は天皇賞春で3着の実績があります。父ハーツクライはこのレースで2着したこともあり、トニービンの血を持つ馬もこのレースと比較的相性が良いので期待したいところです。

 

 

 

ジャパンカップの予想

 

と言うことで印をつけてみました

 

 

◎ リアルスティール

 

〇 ディーマジェスティ

 

▲ ゴールドアクター

 

△ シュヴァルグラン

 

△ フェイムゲーム

 

△ ラストインパクト

 

△ サウンズオブアース

 

△ キタサンブラック

 

△ イラプト

 

 

本命はリアルスティール。やはりこのレースと相性の良いディープインパクト産駒から本命を打ちました。先ほど言ったように東京適性は高い馬だと思います。距離はベストではないかもしれませんが、守備範囲内だと思うので期待。

 

 

対抗は同じディープ産駒のディーマジェスティで、レベルの高いと言われている3歳馬がどこまでやれるかですが、このメンバーとこれまでのパフォーマンスから勝ち負けできると思います。

 

 

それから3番手にゴールドアクターで、父スクリーンヒーローもこのレースを勝っていますし、能力も高い。シュヴァルグランも高い評価です。

 

 

・伏兵と外国馬の評価

 

伏兵ではフェイムゲームを挙げたいです。いわゆる爆馬の扱いになりますね。昨年の天皇賞春では2着した馬で、去勢明けのアルゼンチン共和国杯でも最後は伸びていました。これはハーツクライ産駒なので一発あるかもしれません。

 

 

外国馬は厳しいかもしれませんが、当日は雨予報もあるので、馬場が渋ればイラプトは上位に来てもおかしくはないと思います。昨年は勝ち馬と0.3差の6着ですし、母父カーリアンで血統的に日本の馬場も全くダメではないと思います。他の外国馬のイキートスやナイトフラワーは基本的に厳しいかもしれません。

 

 

私は血統で予想するので、ジャパンカップの場合は重賞ですから、近年で良く馬券になっている血統などを重視しての予想となりました。そして明日のレースの結果はまたこのブログで書こうかなと思っています。