読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

チャンピオンズカップ2016の回顧

競馬

 

今日は日曜日で、チャンピオンズカップが行われたということで、そのチャンピオンズカップの回顧でもしてみたいと思います。勝ったのは大野拓弥騎手騎乗のサウンドトゥルーでした。

 

 

・各馬の結果を分析

 

 

前半の1000メートルが60秒台で通過したので、それなりにペースは速かったと思います。サウンドトゥルーはその恩恵を受けたのはないかと思います。

 

 

サウンドトゥルー東京大賞典勝ちはあったものの、勝ちきれないレースが続いていましたが、馬券圏内にはよく来ていたので、今回は後方待機策が良かったのだと思います。

 

 

1番人気のアウォーディーは2着でしたが、道中は楽に追走できた訳ではなく、武豊騎手の手が動きながらの追走でした。位置取りは悪くなかったと思いますが、今回はプラス10キロの馬体重が影響したのではないかと思います。

 

 

3着はアスカノロマンでしたが、今年同コースで行われてた東海ステークスの勝ち馬ですね。コース適性はあったと思いますし、人気は10番人気でしたが、地力を示せたと思います。

 

 

カフジテイクも11番人気で4着と好走したのですが、道中最後方からの追い込みがハマりました。みやこステークスを勝ったアポロケンタッキーも5着と掲示板に載りました。

 

 

ノンコノユメは6着で、今回は馬体中が増えていたのですが、展開をうまく利用することは出来ませんでした。もう少し走ってもよい気がしますが・・・。

 

 

2番人気のゴールドドリームは12着と大敗でしたが、やはり現状は古馬との力差があったということかもしれません。コパノリッキーは13着で、前年同様にこの馬の展開ではなかったのでしょう。この馬のペースで走れなければ厳しいですね。

 

 

・今後のダート路線の展望

 

ホッコータルマエが中間に引退を表明し、このレースで上位2頭とコパノリッキーは来年で7歳になります。さらに3歳のゴールドドリームと4歳馬のノンコノユメは掲示板に載れなかったので、この先どの馬が中心になるかは今の所見えてこない気がします。

 

 

ただ、今回に関してはアウォーディーは負けて強しの内容だったと思いますし、年末の東京大賞典に出走することがあれば、そこでも本命候補だと思います。

 

 

前回のジャパンカップの記事を書いたら、レース予想と回顧のアクセスが少しあったので、今回も書いてみました。今回はチャンピオンズカップということで数えるほどしかアクセスはなかったのですが。

 

 

来週は阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。その有力馬のことやレース予想も書いていければと思います。