読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

DMMが4k50インチのディスプレイを低価格で販売について

家電

 

f:id:topgun428:20161205105201j:plain

 

 

突然ですが、4K対応のテレビは40インチでも最近は10万円台前半になってきたのですが、それでも中々手が出せない人も多いと思います。

 

 

私は4Kに対応したブルーレイレコーダーを持っているので、だったら4Kディスプレイでもいいじゃん!と思っていたのですが、ディスプレイの方は40インチを超えるサイズは多くありません。

 

 

つい先日、ネットで検索していると、DMMが大型の4Kディスプレイを販売していたことがわかりました。しかもそれは先月の15日に発売されていたとのこと。私は全く知りませんでした・・・。

 

 

DMM.comが低価格で販売

 

 

DMM.comデジタル家電市場に参入したことは、家電に詳しい人なら話題になっていたかもしれません。今回は4Kディスプレイの販売でしたが、ポイントとしては低価格で販売していることのようです。

 

 

最初に50インチのサイズを販売したのですが、それが税別で5万9900円という低価格で販売したのです。税込みでも6万5000円あれば買えます。

 

 

大体、50インチ前後の4K対応のテレビは13万円くらいしますから、その半分近くの価格を設定しているようです。当然、テレビチューナーが付いていないですからその価格なのでしょう。

 

 

ちなみに今月発売された65インチの4Kディスプレイの方も税別で15万9900円ですから、テレビ対応のモデルよりも安いと思いますね。

 

 

今回のモデルでは、4K60p対応で、1秒間に60フレームの4K画像を表示すること出来ますし、1秒間で最大120フレームの映像を映し出す120Hz倍速駆動にも対応しています。スポーツ中継などには適していると言えるかもしれません。

 

 

実際に購入した人のレビューがAmazonに載っていたのですが、12月5日現在ではレビュー数は多くないのですが、星5つの評価が一番多く、そこまで悪くはないようですね。コストパフォーマンスが良いという評価もあるようです。

 

 

 

4Kコンテンツはスマートフォンやビデオカメラ、デジタルカメラの機能にも近年は付いていますし、YouTubeAmazonビデオなどの動画コンテンツにも4Kで見れる作品がありますからね。需要は高まっていると思います。

 

 

・今、販売されている4Kテレビでは将来4K放送は見れない?

 

 

さらに私もつい最近知ったのですが、今販売されている4K対応テレビでは、2018年から放送される4K放送は見られないので、新たに対応している受信機などを買う必要があるようです。

 

 

そう考えると、4K放送を見ることが出来るテレビの購入はまだ後でよいという考えを持つ人もいるでしょうし、逆に4Kコンテンツを見たいならばなるべく低価格でということでディスプレイで十分と言う人もいるかもしれません。

 

 

私もこの商品が販売されていることを知ってから、購買意欲が出てきました。もう少し様子を見るかもしれませんが、4Kコンテンツを楽しむ選択肢にこの商品は入れてもよいのではないでしょうか。