スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

阪神ジュベナイルフィリーズ2016の出走有力馬

 

 

f:id:topgun428:20161206120748j:plain

 

 

今週は阪神競馬場で2歳牝馬のGⅠである阪神ジュベナイルフィリーズ(芝1600メートル)が行われます。今回はその出走馬の中から有力馬について書きたいと思います。

 

 

・まずは有力馬の紹介

 

 

まずは関東の前哨戦であるアルテミスステークスを制したリスグラシューから。デビュー戦は2着でしたが、2戦目で未勝利脱出。そして前走のアルテミスステークスを制しました。

 

 

母系は日本ではマイナーで、近親に欧州で重賞を制している馬が何頭かいる血統です。アルテミスステークス組は2年連続で馬券になっているので、今年以降も直結しそうになるかもしれません。

 

 

続いてはデイリー杯2歳ステークスを制したジューヌエコールですが、新馬ききょうステークス、デイリー杯2歳Sと3戦全勝で来ています。近親にダービー馬のロジユニヴァース交流重賞を制しているランフォルセなどがいる血統です。仕上がりの早い血統は好印象です。

 

 

そしてこの馬が1番人気になるかもしれないという、ソウルスターリンです。父は欧州で怪物と言われたフランケルで、この馬は初年度産駒になります。この馬も新馬、アイビーステークスと2戦2勝で臨みます。今回は初めてのマイル戦ですが、ポテンシャルの高さで何とかするかもしれません。

 

 

小倉2歳ステークスを制したレーヌミノルついて書きますが、新馬、小倉2歳ステークスと連勝。小倉2歳ステークスでは6馬身差の圧勝でした。距離延長だった前走の京王杯2歳ステークスでも2着。父のダイワメジャーは昨年の勝ち馬であるメジャーエンブレムを輩出。これも仕上がりは早そうな血統です。

 

 

最後に新潟2歳ステークスを制したヴゼットジョリーですが、これも2戦2勝で、今回は新潟2歳ステークス以来のレースになります。ローエングリーン×サンデーサイレンスロゴタイプと同配合で、久々ですが、このレースを目標とした調整はしているでしょう。

 

 

 

その他では未勝利と秋明菊賞と連勝したアリンナは早熟のマツリダゴッホ産駒。ディーパワンサはこのコース得意のディープインパクト産駒のディープブリランテを父に持ちます。

 

 

・現時点の注目馬は?

 

 

今回のメンバーはファンタジーステークスを制したミスエルテ以外は揃っていると思うのですが、現時点で注目しているのはまずジューヌエコールで、血統面では仕上がりの早い血統がいいと思います。クロフネ×アグネスタキオンの配合は仕上がりは早そうですし、前走でも牡馬には勝っています。後は乗り替わりがどうか。

 

 

 

アルテミスステークスを制したリスグラシューも前走は完勝していますし、アルテミスステークス組には注意。距離延長がどうかですが、レーヌミノルも面白いのかなと思います。レースの最終ジャッジは週末に書ければと思います。