読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

朝日杯フューチュリティステークス2016の回顧 サトノアレスが優勝

競馬

 

今週もGⅠが開催したと言うことで、例によってレースの回顧を行っていきたいと思います。今週は朝日杯フューチュリティステークスが行われて、サトノアレスが勝利しました。

 

 

このレースですが、前半の半マイルは48秒3で通過したので、先週の阪神ジュベナイルフィリーズよりも遅い流れになりました。結果的には瞬発力のあるディープ産駒と短い距離で結果を出した馬のワンツーで、逃げ粘った馬が3着でした。

 

 

勝ったサトノアレスは、ディープインパクトデインヒルの配合ですから、マイルへの適性はかなり高いと思いますね。予想でも書きましたが、阪神に施行してからディープインパクト産駒はダノンプラチナに続いて2勝目で、やはり阪神マイルは走りますね。サトノアレス自身もいい脚を使いました。

 

 

2着のモンドキャンノは後方待機策からメンバー中、上がり最速の脚を使いました。京王杯2歳ステークスで負かしたレーヌミノルが先週3着に来ていますし、やはり力がある馬だと思います。スローな流れになったのもよかったと思います。

 

 

逃げ粘った3着のボンセルヴィーソはスローの展開を味方につけての粘りでしょう。ダイワメジャー産駒で仕上がりも早い血統で、今後も注意が必要です。

 

 

ミスエルテは1番人気で4着でしたが、やはり今回は相手が強かったと思います。前走はそこまで評価できるメンバーではなかったと思うので過大評価でしょう。ただこの馬なりには走っているので、牝馬同士なら桜花賞でも好勝負できるかもしれません。

 

 

トラストは先行策から粘っての5着で、これも展開が味方した形。クリアザトラックはキャリアの浅さが出たと思います。自己条件なら勝ち負けでしょう。ダンビュライトは不可解な負けかなという印象です。

 

 

勝ったサトノアレスはクラシックはまだどうかなと思いますが、将来的にはマイルがいいかなという配合をしています。クラシックの後はマイル路線で活躍しそうです。

 

 

モンドキャンノは配合的にも将来はスプリンターになるんじゃないですかね。3歳戦ではマイルまでは持ちそうですが、今回もスローで脚を溜めたから距離をこなせたと思います。

 

 

さて、来週は中央競馬の総決算の有馬記念が行われます。このブログでも有力馬の紹介や予想を含めて、有馬記念の記事も多く書ければと思います。