読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

フェブラリーステークス2017の現時点での注目馬

 

f:id:topgun428:20170214122752j:plain

 

 

今回は久々に競馬の記事を書こうと思ってました。今週の19日に東京競馬場ではJRA今年最初のGⅠであるフェブラリーステークスが行われます。

 

 

GⅠが行われるということで、現時点での有力馬の短評や注目馬について書きたいと思います。

 

 

有力馬の評価

 

今年はメンバーレベルとしてはあまり高くなく、抜けた馬がいない混戦模様ではないかと思います。人気は読みづらいですが、まずは実績馬から取り上げましょう。

 

 

昨年のチャンピオンズカップを制したサウンドトゥルーですが、マイル戦は昨年のかちわ記念以来となります。中距離を主に使われていた馬で、前走の川崎記念は2着に敗れました。

 

 

そして今回は主戦の大野騎手が騎乗停止なのが響いてくるような気もします。堅実には走る馬ですが、本命にはしづらいかなと思います。

 

 

2014年と15年の勝ち馬であるコパノリッキーフェブラリーステークス3勝目を狙いますが、今年で7歳になりました。ここ3戦は馬券になっていない馬で、7歳ですし厳しいのではないかと思います。現時点では抑えまでです。

 

 

昨年のこのレースを制したモーニンですが、その昨年のフェブラリーステークス以来勝利はありません。しかし東京マイルは適性条件ですし、巻き返してくる可能性も秘めていると思います。

 

 

前哨戦の根岸ステークスを制したカフジテイクですが、前走はブロードアピールのような競馬で勝利しました。東京コースは4戦3勝ですし、距離自体も問題ないと思いますから、後は展開次第でしょう。

 

 

ノンコノユメは去勢してからもう一つの競馬が続いています。今回も勝ち切るのは厳しいかも。ベストウォーリアは4戦連続2着の馬ですが、東京マイルは合うと思うので今回も堅実に走ってきそうです。

 

 

現時点での注目馬

 

混戦のレースが予想されるので難しいのですが、根岸ステークスを制したカフジテイクは高めの評価をしています。2走前のチャンピオンズカップでも4着と健闘していますし、今回もチャンスがあると見ています。

 

 

先ほど取り上げられなかった馬では、ゴールドドリームは東京マイルで好相性ですし、チャンピオンズカップは厳しい展開だったと思います。なので侮れない馬だと思います。

 

 

それから根岸ステークス組はエイシンバッケンも取り上げたいです。その前走では直線で前が空かずにスムーズにいかなかった点は付け加えたいです。今回は距離延長になりますが、それほど人気にはなりそうにはないと思うので、妙味はありそうです。