スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

ゴールドドリームが勝ったフェブラリーステークスの回顧

 

今年もGⅠレース当日にはレース回顧も書いていければと思っています。今回はフェブラリーステークスについて書いていきたいと思います。

 

 

今年のフェブラリーステークスは4歳馬のゴールドドリームが制しました。実は前回の記事でこのレースの予想を載せていたのですが、本命はゴールドドリームでした。

 

 

フェブラリーステークスの各馬の回顧

 

 

ゴールドドリームは東京コースへの適性を評価して本命にしたのですが、その通りに勝利しました。さらに前回は厳しい流れを先行したので、前回からの巻き返しはあるのだと思いました。ミルコ・デムーロ騎手は昨年のモーニンに続いて連覇となりました。

 

 

さらにグリーンチャンネルパドック解説の勝馬の野口氏によると、昨秋は体調が良くなく、さらにレコード決着だった武蔵野ステークスから中2週でしたし、直前の調教で早い時計を出したとのこと。その反動がチャンピオンズカップでは出たと解説していました。

 

 

そのチャンピオンズカップから2か月半ぶりも、状態は戻ったとのこと。さらに東京コースへの適性はあったので、勝因はいくつかあったのだと思います。

 

 

父のゴールドアリュールは昨日急死しましたが、「死んだ種牡馬の仔は走る」という格言が合う勝利でした。さらにこの日のヒヤシンスステークスを勝利したエピカリスゴールドアリュール産駒です。ちなみにゴールドアリュール産駒はフェブラリーステークス4勝目ですから来年以降も注目ですね。

 

 

2着のベストウォーリアはやはり堅実に走る馬ですが、勝ち切れませんでした。これで5戦連続の2着です。それにエーピーインディ系もこのレースでは好走例がありますね。

 

 

3着のカフジテイクは自分の力は出していると思います。メンバー中最速の上がりを出しているので、相手が強かったのだと思います。4着のエイシンバッケンも自分の力は出しているでしょう。

 

 

最初の半マイル46.2の厳しいペースを先行したニシケンモノノフが5着に粘ったことは評価してよいのではないかと思います。6着のケイティブレイブも次走は注目です。

 

 

3番人気で12着だったモーニンは揉まれ弱さがあると思いますが、血統的にも早く仕上がりそうな感じがするので、これ以上の活躍は厳しいかもしれません。

 

最後に

 

 

勝ったゴールドドリームはまだ4歳馬ですし、この先が楽しみになりそうです。アクシデントがなく、順調に使われてほしいです。

 

というわけで、今年もGⅠ回顧を多く行っていければと思いますので、競馬のカテゴリーも充実させていければと思います。