スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

WBC日本戦を2試合テレビで観戦した感想

 

f:id:topgun428:20170227121458j:plain

 

 

いよいよ4年に一度の野球の国際大会であるワールドベースボールクラシック(以下WBC)が開幕しましたね。このブログはオーストラリア対日本戦の試合終了直後に書いているのですが、これまでは日本対キューバ、オーストラリア対日本の2試合をJsportsで観戦しました。

 

 

これからもWBCの試合をjsportsで観ようと思っているのですが、今回は日本対キューバ戦とオーストラリア対日本戦を観た個人的な感想を書きたいと思います。書くのは簡単に思ったことですけどね。

 

 

日本対キューバ戦の感想

 

日本の先発は千葉ロッテマリーンズの石川歩でした。3年目であった昨シーズンは最優秀防御率のタイトルを獲得してキャリアハイ成績でした。彼の活躍があったからこそ、マリーンズは千葉に移転後初の2年連続Aクラスになりました。

 

 

その石川は4回1失点をしっかりと役割を果たしましたね。昨シーズンの安定感ある投球を見せたと思います。初回のピンチも菊池の好プレーもあって無失点で抑えました。

 

 

打線の方は松田や筒香のホームランなどで11得点を挙げました。これに関しては日本の打線も機能していたと思いますが、キューバの投手陣も登板したピッチャーのほとんどがいいボールをあまり投げていなかったのも要因だと思います。

 

 

石川以外の投手陣に関しては不安がある意見もありそうですが、さすがにキューバですから、3巡目以降で対応してきたのもあるのかなとは思っています。

 

 

本番はとにかく結果を出さなくてはいけないので、「勝ててよかったね」というような感じではないでしょうか。

 

 

オーストラリア対日本の感想

 

今さっき終わった試合ですが、オーストラリアもポテンシャルは高いなという印象です。オーストラリア先発のアサートンがゲームを作ったことで終盤まで接戦でした。

 

 

菅野の被本塁打は甘いボールで打たれて仕方ないと思いますが、その先発の菅野をはじめとした投手陣がいいパフォーマンスでした。5回ウラの岡田のピッチングは厳しいと思っていましたが、あそこでダブルプレーを取ったことが試合のポイントの一つであったと思います。

 

 

この試合も実際に結果を残しましたから、取りあえず初戦と2戦目と連勝したので、これで次のラウンド進出が濃厚でしょう。このグループはオーストラリアとキューバで残り1枠を争うことになりそうです。

 

 

最後に

 

日本の次のラウンド進出は95%以上確定と言えるでしょう。次のラウンドではオランダかイスラエルのどちらかと初戦で当たると思いますが、イスラエルユダヤ系アメリカ人で構成されているようですし、オランダもポテンシャルの高いチームですから、さらにレベルの高い試合になりそうですね。