スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

高松宮記念2017の簡単な回顧

f:id:topgun428:20170325162325j:plain

 

 

本日はなに書こうかなと思ったのですが、まず深夜にドバイワールドカップデーもありましたし、今日は高松宮記念も行われました。ドバイではヴィブロスドバイターフを制したのですが、本日はまず高松宮記念の簡単な回顧をしたいと思います。

 

 

高松宮記念の回顧

 

昨年の覇者であるビッグアーサーシルクロードステークスの勝ち馬であるダンスディレクターなどが回避したため、低いレベルでの混戦であった今年の高松宮記念だけに、何があっても驚かないと思っていたのですが、そこまで波乱にはなりませんでした。

 

 

勝ったセイウンコウセイは理想的な競馬で勝利したと思いますよ。終わってみれば完勝でした。4歳馬なので力を付けてきていたということでしょう。アドマイヤムーン産駒はGⅠ初制覇となりました。

 

 

2着のレッツゴードンキは最後の直線では最内をついてきて来ました。スプリント戦は決してベストとは言えないと思うのですが、頑張りました。

 

 

3着のレッドファルクスは見せ場を作ったのですが、やはり休み明けの影響も少しはあったと思います。あとは今回の馬場もそこまで良くなかった気が。スプリンターズステークスを勝った実力は見せたとは思います。

 

 

ティーハーフの4着は驚き。フィエロもまあ走ったかなと。その他ではメラグラーナはスタートもそれほど良くなかったと思いますし、今日の馬場もよくなかったと思います。プラス体重も重め残りには見えなかったですが。

 

 

シュウジは先手を取ったのですが、この馬場で前半33.8ですから少し厳しかったと思います。あと気性の問題もあるでしょう。

 

 

最後に

 

今回のメンバー構成なら馬場や展開で着順に変動がありそうな感じですね。また来週は今年からGⅠに昇格した大阪杯が行われるので、そのレースの予想もしていければと思います。