スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

ドバイワールドカップデー2017の簡単な感想

 

f:id:topgun428:20170327191623j:plain

 

 

今日の東京はすごく寒かったです。週末になるにつれて気温は上昇するみたいですが、今年の3月は寒かったですね。まあ何か前フリで書きたかったので書いてみました。

 

 

今回も懲りずに競馬の記事になり、昨日は高松宮記念の感想を書いたのですが、少し遅れて、日本時間の土曜日の深夜に行われたドバイワールドカップデーについての感想を簡単に書きたいと思います。

 

 

ドバイターフの感想

 

ドバイターフは日本のヴィブロスが勝利したのですが、まずドバイに遠征すること自体が厳しいと思っていました。実際に4コーナーでの位置取りを見て、「これはどこにもない」と思ってみていたのですが、そこから差を詰めて来て、ゴール前で差し切りました。

 

 

「マジックマン」モレイラ騎乗が絶賛されているようですが、メディアで競馬の予想と解説をしている人のブログを読んでみると、確かに4コーナーまではへぐっているように見えます。そこからうまく捌いてきたところはモレイラの凄いところだとは思うのですが。

 

 

ドバイワールドカップの感想

 

リアルタイムで見たときは、後方にいるのがアロゲートじゃない?と思って観ていて、「ここから勝てるのだろうか?」と思っていたのですが、結果はキッチリと勝利しました。

 

 

改めてレースを見ていると、スタート直後に両隣の馬に挟まれて、一時はラニよりも後ろの最後方まで下がっていました。そこから勝ったので強かったです。うん、強いですね。理屈抜きに強い。これで世界最多賞金獲得の更新はケガが無い限りは確実ですね。

 

 

日本馬ではアウォーディーの5着が最先着ですが、これは健闘した部類だと思います。

 

 

その他のレースの感想

 

まずはドバイシーマクラシック。7頭立ての少頭数だったのですが、日本のサウンズオブアースには厳しい結果。ジャックホブスが勝ったのとは対照的に、ポストポンドハイランドリールが敗れたのは、世代の入れ替えと言うことでしょう。

 

 

UAEダービーエピカリスは勝ちに等しい内容。今後はケンタッキーダービーには行かずにプリークネスステークスベルモントステークスを視野に入れているとのこと。

 

 

カフジテイクは大目標のフェブラリーステークスの後にもかかわらず、5着と言うのは悪くないと思います。

 

 

最後に

 

ヴィブロスの勝利は本当にサプライズ。改めて日本馬のレベルの高さを世界に証明できたと思います。昨年から日本でも海外のレースを買えるようになったので、海外競馬に興味を持つ人がさらに増えると思います。

 

 

そして国内では大阪杯が今週に行われますし、桜花賞皐月賞のクラシック競走も近づいてきています。このブログでも競馬に関する記事も書けばと思っていますので、期待しないでご覧ください!