読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

2017年度の東京ヤクルトスワローズについて語る 開幕直前編

 

f:id:topgun428:20170331130324p:plain

 

いやあとうとう本日ですよ。2017年度のプロ野球がいよいよ開幕します。かと言って、私は特に何も特別なことはしないのですが、テレビで観戦するだけですね。

 

前回は私がパリーグで好きな千葉ロッテマリーンズについて少し触れましたが、今回は何と!私がセリーグで一番好きなチームである東京ヤクルトスワローズについて少し書きたいと思います。

 

主に2017年度の分析を少しだけ書こうと思うのですが、本日の神宮球場は天候が心配(この記事を更新しているころには試合開始時刻だと思うのですが)です。それでも書こうじゃないかということで、書きます。

 

 

攻撃陣はケガが心配

 

 

スワローズは簡単に言うと、攻撃陣はケガ以外はあまり心配してないのですが、やはり投手力がポイントになると思います。これはスワローズファンや野球解説者の方も思っている部分であると思います。

 

攻撃陣に関してはリーグでも屈指のレベルにあると思います。2年連続トリプルスリーの山田哲人や先日のWBCでも活躍したバレンティンがいますし、一昨年の首位打者の川端も復帰しそうで、一昨年の打点王の畠山も今季での復活を狙っていると思います。

 

若手選手も育ってきていると思いますし、後はケガだけが心配です。リーグ優勝した2015年以外ではケガ人を多く出している印象があるので、「ヤ戦病院」と揶揄されたりもします。

 

主力選手はケガさえしなければ、それなりのパフォーマンスで成績を出してくると思うので、本当に攻撃陣はケガだけが心配です。

 

 

奪還の鍵はやはり投手陣

 

 

一方の投手陣は昨年、2桁勝利を挙げた投手がいませんでした。リーグ優勝した2015年度は先発もリリーフ陣も頑張ったと思うのですが、昨年は低調だったと思います。

 

小さな大投手開幕投手を任された石川と、復活をかける小川を軸にしてまずは先発陣が試合を作ることが重要だと思いますね。先発では今年加入したブキャナンとオーレンドルフの両外国人投手にも期待したいと思います。

 

リリーフ陣では今年2年目のルーキの上積みにも期待したいですが、WBC日本代表で出場した秋吉は勤続疲労さえなければ、今年もいいピッチングが出来ると思います。それとルーキーの星も1年目から通用しそうなようにも見えます。

 

 

最後に

 

スワローズに関しては一昨年のリーグチャンピオンで、今年は優勝奪還を狙っている年です。成績に関してはケガ人があまり出ずに、各選手が自分のパフォーマンスを発揮すれば優勝争いをするポテンシャルはあると思います。

 

逆にケガ人が多く出たりしたり、投手陣が不調ですと、昨年のように下位に低迷することも考えられるので、掴みどころが難しいチームだと思うのですが、それでも個人的には何とか頑張ってもらいたいと思います。