読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

皐月賞2017の有力馬の現時点評価 其の一

 

f:id:topgun428:20170410183845j:plain

 

 

みなさんこんにちは。もしくはこんばんは。先週は桜花賞が行われましたが、今週は牡馬クラシックの第1弾の皐月賞が行われます。牡馬戦線の方はかなり混戦ではないかと思うので難解だと思います。

 

このブログでも皐月賞に関しての記事をこれから書こうと思うのですが、まずは有力馬の現時点の評価などを書いてみます。

 

 

弥生賞

 

今回はトライアル別に各馬の評価をしようかと思います。まずは弥生賞ですが、これは前日の3歳未勝利と勝ちタイムが0.1速いだけのレースだったので、レース自体は評価できず、ハッキリ言ってぬるいレースだったと思います。実際に評価してない人ばかりだと思います。

 

 

ここで勝利したカデナはディープインパクト産駒ですが、昨年度はそのディープ産駒の上位独占でした。その前も2着馬を出していましたし、ディープ×フレンチデピュティ系は成功例もある配合なのです。弥生賞は負荷があまりかからない競馬だったのは良いと思いますが、レース自体はあまり評価はできないのかなと

 

 

2着のマイスタイルはスローでの逃げなら2着に残るでしょうという競馬だったと思いますし、3着のダンビュライトも勝ち味に遅いのは気になります。

 

 

若葉ステークス

 

この組ではアダムバローズだけだと思うのですが、ハーツクライ×Unbridled`s Songの配合自体は共同通信杯を制したスワーヴリチャードと同配合ですが、京都2歳と京成杯で2桁着順なのはどうかと思います。先行できる点は良いと思いますが。

 

 

スプリングステークス

 

このレースはここで権利を取らないと皐月賞が出られないという3頭で決まったレースです。

 

勝ち馬のウインブライトはここでは馬体も絞ってきましたし、権利を取らなくてはいけないとなるとある程度の仕上げをしてきたと思うので、大きな上積みはないと思いますし、母父アドマイヤコジーンなので距離延長もプラスではないでしょう。

 

2着のアウトライアーズは父が10年の皐月賞馬のヴィクトワールピサなのですが、この馬もスプリングステークスからの上積みがどこまであるか。3着のプラチナヴォイスも父エンパイアメーカーが芝のクラシックでどこまでやれるかだと思います。

 

 

毎日杯

 

ここではアルアインに触れますが、毎日杯は時計は速いと思うのですが、サトノアーサーが普通に乗っていれば勝ってなかったと思います。ディープ産駒で母系はアメリカのダート血統ですね。

 

 

今回は弥生賞トライアルの3レースと毎日杯に出走した馬についてコメントしました。正直強く推せる馬はいない(今回の皐月賞全体そうですが)ですが、次回はスワーヴリチャードやファンディーナなどについて書こうかと思います。