スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

アルアインが優勝した皐月賞を振り返る

 

みなさんこんばんは。早速今日はGⅠデー当日の恒例となったGⅠ回顧を簡単にやっていきたいと思います。今日は牡馬クラシック第1戦の皐月賞が行われました。

 

 

優勝は9番人気のアルアインで、2着にぺルシアンナイト、3着にダンビュライトでした。勝ちタイムは1.57.8

 

 

皐月賞のレース回顧

 

レースですが、前半の1000メートルは59.0で通過していったので、まずまずのペースだったと思います。中盤に少しラップは緩みましたが、残り800から徐々にペースが上がっていった感じです。

 

 

勝ったのはアルアインですが、松山騎手がうまく乗っていたのもあると思います。この日は結構早いタイムが出ていたのですが、こういう馬場にはディープインパクト産駒は強いと思いますし、これで2年連続で産駒が勝利しました。

 

 

2着のぺルシアンナイトも向う上面で徐々にポジションを上げていき、直線では勝つシーンもあるかという走りだったと思います。ハービンジャー産駒はこれがGⅠで初めて馬券になりました。

 

 

3着のダンビュライトも武豊騎手がうまく乗っていたと思います。勝ち切れないのはこの馬の個性かもしれませんが、人気以上によく走っています。また初年度のルーラシップ産駒で、新種牡馬の仔は結構クラシックでは馬券になるような感じにも思えます。

 

 

4着のクリンチャーは先行して粘りましたが、母父ブライアンズタイムの底力があったものと思えます。

 

 

5着のレイデオロは今季初戦の走りでしたが、これはよく掲示板に載ったと思います。そして6着のスワーヴリチャードも最後は差を詰めて来ているのですが、広いコースが良いのと、ダービーが最大目標ということでしょう。

 

 

ファンディーナはレース前からテンションが高かったそうですが、再度中山への輸送というのが影響したのかもしれません。そして初めて厳しい競馬を体験したということで厳しかったと思います。

 

 

カデナは弥生賞がスロー過ぎたレースですから、こういう流れでは厳しかったと思います。

 

 

レースのまとめ

 

今回は1分57秒台の決着となりましたが、当日の芝のレースでも早いタイムが掲示されていたので、タイム自体は特質すべきではないと思いますが、タフさも多少は要求されたレースだったと思います。

 

今回はダービーを最大目標にしていた馬もいたと思いますし、ダービーではまた着順が入れ替わる可能性も十分にあると思います。

 

ダービーでは皐月賞組にトライアル組も加えることになるので、予想もまた難しいものとなりそうです。

 

ダービーに向けての記事もまた書ければと思います。近いうちに書くかな。次回の記事もあまり期待しないで観てください。