読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

天皇賞春2017有力馬ガイド後半

f:id:topgun428:20170425175151j:plain

 

 

 

前回は今週日曜日に京都競馬場で行われる天皇賞春について書きましたが、有力馬4頭しか書けなかったので、今回はその他の有力どころ、また伏兵について書きたいと思います。

 

 

ステイヤーズステークスダイヤモンドステークスに勝利したアルバートですがこちらはトニービンを内包しているアドマイヤドン産駒です。前回も書いたようにトニービンを内包している馬は京都長距離GⅠでは馬券になることが多いです。

 

 

しかし、母父ダンスインザダークなのですが、ダンスの産駒は天皇賞春とはあまり相性は良くないですし、ステイヤーズステークスダイヤモンドステークスを勝っている点に注目したいです。

 

 

ダイヤモンドステークス組はフェイムゲームが近年では馬券になっていますが、この年は例外的で、ここ最近のスピードが重視されている春天ではステイヤーの素質が強すぎるのは厳しいところだと思います。ステイヤーの資質が問われるレースになればわからないですが。

 

 

次に横山典騎手に乗り代わりとなるゴールドアクターですが、昨年はレース前のテンションが上がったことが惨敗の要因となったようです。今回も当日の気配は気になりますが、長距離輸送の影響を受ける馬なのかもしれません。

 

 

血統はスクリーンヒーローにキョウワアリシバという渋い配合ですが、血統以前に今年は日経賞で5着に敗れているのは気になりますし、かつて有馬記念を制した力にないのかもしれないです。

 

 

そしてレインボーラインですが、これはステイゴールドの産駒で、フェノーメノが連覇していますし、異例の年でしたがゴールドシップも勝利しているので、過去4年で3勝しています。

 

 

母父フレンチデピュティアドマイヤジュピタでこのレースを勝っています。昨年の菊花賞で2着していて、JCも6着と大きく負けていません。後は位置取り次第ですが、ステイゴールド産駒なので抑えには入れたい馬です。

 

 

最後に皐月賞馬であるディーマジェスティについて書きますが、この馬はとにかく場体重を減らさないとダメでしょう。菊花賞も絞れてなかったですし、前走の日経賞でもプラス体重でした。

 

 

まずは馬体重に注目。配合はディープインパクトブライアンズタイムで、母系はサドラーズウェルズが入っていて重厚な血統だと思います。2000メートルの皐月賞では高いパフォーマンスで、春天ではこういう重たい血統はもしかしたら厳しいかもしれませんが、まずは馬体でしょうか。

 

 

まとめ

 

サトノとキタサンの2強に本命を打つのはためらうので、昨年3着でトニービンを内包しているシュヴァルグランと、日経賞を制したマンハッタンカフェ産駒のシャケトラに現在は注目。2強ではサトノダイヤモンドの方を評価。

 

 

それ以外だと春天3勝を挙げているステイゴールド産駒からレインボーラインを注目しています。最後に昨年の2着馬のカレンミロティックは今季初戦というのは厳しい条件だと思います。