スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

安田記念2017の回顧 サトノアラジンでしたね

 

日曜日は外出していました。その外出先でradikoラジオNIKKEIの中継で安田記念を聴いていました。そして先ほどようやく映像でレースを確認しました。その安田記念の回顧を簡単に書きたいと思います。

 

 

安田記念2017の回顧

 

 

前半の半マイルは45秒台のぺースでしたから、去年とは全く違う展開になったと思います。サトノアラジンは昨年の安田記念では直線で前がなかなか開かず、マイルチャンピオンシップでも不利を受けたので今回は大外から伸びてきました。

 

 

 

ペースも速かったですし、大外を最後回したことは結果的には良かったと思います。素質馬のGⅠ初制覇でした。

 

 

 

昨年の安田記念をスローペースで逃げ切ったロゴタイプは今年は2着でしたが、これは強い競馬でしょう。ある程度の流れで行った方がいい馬なのですが、このペースで2着に粘るので強いですねえ。安田記念はリピーターが良く来るレースですし、こういう実績馬は他のレースでも注意です。

 

 

レッドファルクススウェプトオーヴァーボードの仔で安田記念3着に来るとはねっていう感じです。左回りは確かに走るけど走りすぎです。

 

 

4着のグレーターロンドンも驚きの走りです。中間順調さを欠いてレースに出るかどうかも危ぶまれた馬が見せ場を作りましたからね。ただ体質に問題があるようなので、このレースの反動が心配です。それでも秋以降はまた活躍しそうです。

 

 

5着のエアスピネルは個人的に本命にした馬ですが、後方から一発を狙う競馬だったのですが、直線で前が開かずに残り200メートルくらいから追えたのですが・・・。ここ2戦勝ち切れなかったので考えて乗ったのだと思いますが、馬券圏内には届きませんでした。

 

 

人気のイスラボニータも直線でなかなか前は開かなかったのですが、前が開いてからも伸びは他の馬と比べて今一つの感じがしました。香港馬は馬体は減っていたようですが、この勝ちタイムは速過ぎたのだと思います。

 

 

サトノアラジンロゴタイプは抑えの評価でしたが、レッドファルクスは印を付けられなかったので仕方なし。スピネル2頭に期待していたのですが、エアスピネルは5着でブラックスピネルはシンガリ負けでした。

 

 

春のGⅠは6/25の宝塚記念で最後になります。中間は競馬の記事が少なくなると思いますが、宝塚記念のことも今後書いていく予定です。