スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

2017年度上半期の中央競馬を振り返る

 

f:id:topgun428:20170626142207j:plain

 

 

昨日行われた宝塚記念で2017年度のJRAの上半期が一区切りになりました。今回は上半期の競馬を適当に振り返りたいと思います。

 

 

クラシック路線

 

 

まずは桜花賞レーヌミノル勝利したことは驚きでしたね。しかしオークスではその桜花賞で3着に敗れたソウルスターリング勝利しました。

 

 

この世代の牝馬ではやはりソウルスターリングがトップであることを証明したと思うのですが、桜花賞チューリップ賞の好時計での勝利の反動が出たのではないかと思います。

 

 

世界的良血のソウルスターリングの今後にも注目ですし、オークスで2着したモズカッチャンも、フローラステークスから再度の輸送にも関わらず好走したので、この馬も能力が高いと言っていいでしょう。

 

 

牡馬クラシックはまず皐月賞アルアイン勝利し、松山騎手がGⅠ初制覇となりました。そしてその皐月賞が今季初戦だったレイデオロが今度はダービーで勝利し、ルメール騎手は日本のダービーを制しました。

 

 

注目すべきは皐月賞は好時計だったのに、ダービーでは超ウルトラスローになりオークスよりもかなり遅いタイムになりました。競馬なのでスローペースになるのは仕方ないのですが、遅すぎですよね。

 

 

ただ、みんなレイデオロのような競馬が出来るかと言われれば、そんなことはないと思いますし、仕方ないとは思いますが。

 

 

古馬短距離 マイル路線

 

 

高松宮記念はセイウンコウセイが制し、安田記念サトノアラジン勝利しました。高松宮記念は有力馬の出走が少なかったのでメンバーレベルはどうだったのかとは思いますが、安田記念に関してはいくつか言いたいことはありますね。

 

 

結局エアスピネルイスラボニータが最後の直線でスムーズに行かなかったのは、内目に馬が殺到して渋滞を起こしたためで、それに対して外を回ったサトノアラジンと、物理的に前にいたロゴタイプが上位に来たというレースでした。

 

 

やはりレースを見返して、自分で分析することは大事ですね。

 

 

古馬中長距離路線

 

今年から大阪杯がGⅠに昇格したのは話題になりましたが、その大阪杯と驚異的なレコードで勝利したキタサンブラックは昨日の宝塚記念でその反動が出たと思います。

 

 

昨日勝利したサトノクラウン凱旋門賞へ挑戦のプランもあるとは報道されていますが、信憑性は薄いかもしれません。

 

 

先日も書いたように、大阪杯がGⅠに昇格したことで、春の古馬中長距離GⅠが3つになり、蒸し暑い時期に開催される宝塚記念への有力馬の参戦が少なくなる可能性はあります。

 

 

3つとも勝つと2億円のボーナスが出るようですが、キタサンブラックが昨日大敗したことにより慎重になる陣営も多くなりそうです。

 

 

その他のレースについて

 

ここではドバイターフクイーンエリザベス2世カップを取り上げますが、ドバイターフヴィブロス勝利は驚きました。しかも4コーナーでは絶望的な位置から差し切りました。ただ、モレイラマジックは最後の直線からで、それまではへグっているようでしたが。

 

 

クイーンエリザベス2世カップもモレイラが騎乗したネオリアリズム勝利しました。ネオユニヴァース産駒の特徴を生かした競馬だったのですが、これは馬主の関係で大阪杯ではなく香港に使ったのだと思います。こういう風に使い分けられることは議論にしてもいいのかと思います。

 

 

最後に

 

他にもレースはありましたが、今回はこんな感じで。しばらくは中央競馬はビッグレースはないのですが、夏競馬を楽しみたい人も多いと思いますし、下半期はいいレースが多く出るように期待したいですね。