スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

武豊騎手の凄いところを少し書いてみる

 

 

f:id:topgun428:20170730192541j:plain

 

 

以前もこのブログで書いたと思うのですが、騎手の中では武豊騎手が好きです。普段競馬を見ない人でも知っている騎手ではないかと思うのですが、JRAの歴代最多勝利騎手でもあり、G1レースの勝利数も歴代で最多です。

 

 

これだけの実績を上げて成功した人なので、競馬のことに関しては無理でも、我々にも参考にできる部分はあると思います。成功している人のマインドを参考にすることを重要視している人もいますし、個人的に思う武豊騎手のココがすごいという部分を挙げたいと思います。

 

 

受け答えがしっかりしていて ジョークもうまい

 

 

まずはインタビューなどの受け答えはしっかりとしている部分を挙げたいと思います。仕事で成功できる人はスピーチが上手いと本で読んだこともありますし、他のアスリートでも受け答えがしっかりできている人は多いですね。

 

 

特に武豊騎手の話し方は知的な感じがします。さらに武豊騎手はジョークのセンスも高いというのが特質すべき点だと思います。

 

 

パドックで「ユタカ、金返せー」と言われて、「僕、おっさんに金借りていませーん」と言ったり、野次られた客に微笑みながらウインクしたり、いろいろと検索すれば出てきます。

 

 

96年の中山で行われた新潟3歳ステークスでスタート直後に逃避したシーキングザパールについて、「弁当を買いに西船方面へ言っちゃいました」と言ったジョークは武豊騎手だから許されるものではないですかね。

 

 

ここ近年は外国人騎手などに有力馬が集まり、全盛期ほどの成績ではない武豊騎手ですが、90年代〜2000年代で長年好成績を残してきたのはやはりマインドがしっかりしていたということでしょう。

 

 

今年で48歳でありながらも、まだまだ上手くなりたいという向上心があり、競馬を世間に認知させたいという考えもあるようです。

 

 

武豊の名言

 

 

武豊騎手の名言も検索すれば出てきますが、その中でも個人的に好きなのは

 

 

雑音を消す方法はたったひとつ、レースで勝つしかない

 

負けたらどうしようではなく、勝ったらどうしようとだけ考える。そして、他人の期待より、自分自身に対する期待を大切にする

 

競馬は結果がすべて。結果を競っているわけで、努力を競っているわけでは無い

 

 

 他にもいろいろとありますが、一般人にも参考になる発言はたくさんありますよ。

 

 

憶測ですが、武豊騎手もビジネス本や自己啓発本などを読んでいるものと思われます。そういった本をインプットして自分になりに咀嚼して生かしているものと思われます。

 

 

もちろん父が武邦彦騎手で、小さい頃から競馬を見てきた経験なども生かして新人賞を取ったり、若くして実績を挙げた部分もあると思います。その若い頃から読書もしていたのでしょうね。

 

 

自身がレギュラーを務める武豊TVでもレース分析はしっかりと出来ていると思いますし、そういった解説が出来るのもすごいと思います(07年の天皇賞・秋のレース分析はさすがと思いましたよ)

 

 

他の分野でも成功している人は読書などをして、参考にする部分を実践しているものと思われるので、そういった部分の大切性は高いと思います。