スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

オープンしたビックカメラ東武船橋店に行ってきた

f:id:topgun428:20171120151325p:plain

 

 

東武船橋ビックカメラが新たにオープンする予定があるという情報は少し前に知ったのですが、オープンはもう17日にしていたとのこと。

 

 

なので実際に空いた時間に店舗に行って来ました。

 

 

実際に船橋東武店に行ってみた

 

 

ビックカメラはすでに船橋駅FACE店というのがありまして、船橋駅では2店舗目の出店で、百貨店ではグループ初めての出店のようです。

 

 

船橋東武店はJRの船橋駅からは改札を出てすぐにあるのですが、京成船橋駅からだと徒歩で約5分のところにあります。むしろ船橋駅FACE店を通り越していく感じです。

 

 

船橋駅FACE店では2Fと4Fがビックカメラの売り場みたいですが、2Fは写真プリントコーナーで、実質4Fだけで販売しているようなものです。

 

 

船橋東武店は2Fと3Fがビックカメラの売り場のようですが、2Fは主に美容品や生活家電売り場になっていて、ゲームやパソコン、テレビなどは3Fに集中しています。

 

 

f:id:topgun428:20171120150336j:plain

 

 

美容品売り場も品揃えはあるみたいですが、あまり興味が無かったので滞在は数分。

 

 

今回は3Fを主に見て回ったのですが、結構品揃えはあるように見えました。

 

 

f:id:topgun428:20171120150538j:plain

 

 

ゲームコーナーは個人的に気になったのですが、売り場としては少し狭かったです。品はあって、見本も飾ってはいましたが。

 

 

f:id:topgun428:20171120150853j:plain

 

Nintendo Switchのコーナーも充実はしていると思いますが、見本がやたらと多いかなとは思います。

 

f:id:topgun428:20171120151015j:plain

 

オープンしたばかりもあってか、人はそれなりにいました。あまりゆっくりとiPhoneで写真を撮れるような状況ではなかったと思うので、こんな感じの写真になっています・・。

 

 

f:id:topgun428:20171120151155j:plain

 

もちろんAppleやパソコン、タブレットのコーナーもあります。

 

 

 船橋駅FACE店と東武船橋店の比較

 

 

東武船橋店の後に船橋駅FACE店に行って来ましたが、売り場のレイアウトが変わっていました。年に何度か訪れることがあり、先月の時点とはまた変わっていたことにビックリたまげたわけではないですが、変わったなという印象。

 

 

やはり敷地自体は東武船橋店の方が広いので、品揃えなどは東武船橋店が揃っているのではないかと思います。ただ時計・文具・酒は船橋駅FACE店のみの取り扱いみたいですね。

 

 

船橋駅FACE店は京成船橋駅から近いです。京成線を利用する人はまず船橋駅FACE店で商品を探すのがいいのかもしれません。

 

 

最後に

 

なぜ船橋に2店舗出店するのかという疑問は出てくるのでしょうが、それなりのプランと勝算がビックカメラ側にあるものとは感じ取られます。

 

 

船橋駅FACE店よりも東武船橋店の方が売り場面積は大きいと思うので、船橋駅FACE店で取り扱っていない商品を取り揃えていたりするのですが、時計や酒は東武船橋店ではないので、そこはビックカメラ側にも意図があるのでしょう。

 

 

すでに船橋駅FACE店はあるので、個人的には利用する機会はあまり多くはないと思いますが、周辺に住んでいる方は一度は訪れてもいいのかもしれません。