スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

2018FIFAワールドカップのグループリーグを簡単に展望してみた

 

f:id:topgun428:20171204093643j:plain

 

 

2018FIFAワールドカップの抽選会が行われましたね。ロシアでの大会になるのですが、どうなるのか。私も抽選会はライヴで見ていました。

 

 

まだ半年以上あるとはいえ、現時点でのグループリーグの展望を簡単にしたいと思っています。もちろん選手選考やコンディションなど、直前にならないと分からない要素もあるのですが、あくまでも現時点での展望です。

 

 

グループA 

 

4チームの実力差があまりないグループだと思うのですが、スアレスカバーニがいるウルグアイがまず有力。あとは快速サラーがいるエジプトか地元開催のロシアとの争いで、サウジアラビアは少し落ちるか。

 

 

グループB

 

2強2弱でしょう。普通に考えればポルトガルとスペイン。初戦のポルトガル対スペインの結果がどうなるかはありますが、順当ならその2チーム。

 

 

グループC

 

フランスが軸となるグループ。タレント揃いのフランスに、エリクセンがいるデンマークが対抗格。

 

 

グループD

 

ここもアルゼンチンが軸となるグループ。2番手はタレントでいったらクロアチアでしょうが、アイスランドやナイジェリアにもチャンスはありそう。

 

 

グループE

 

ブラジルが同居するグループで、スイス、コスタリカセルビアの3チームの力は割と拮抗しているかもしれません。

 

 

グループF

 

前回大会覇者のドイツと、ベスト16には毎回のように勝ち上がるメキシコと、イブラヒモビッチが抜けた穴を全員で埋めるスウェーデンが残り1つの枠を争うでしょう。

 

 

グループG

 

タレント集団のベルギーと、サッカーの母国のイングランドの2チームの争いと普通は見ますが。

 

 

グループH

 

大本命がいないグループで、4チームの実力差が拮抗している感じ。タレントがいるコロンビアが本命でしょうが、ポーランドセネガル、日本にもチャンスはありそう。

 

 

 

こんな感じで簡単に展望。後は日本で地上波以外の中継があるかどうかだと思います。ただ放映権の問題があるので、やはりNHKと民放がってことになりそうです。