スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

ダビスタPを再開 ゲームのポイントも一部紹介

 

f:id:topgun428:20171208110224j:plain

 

 

前回の記事でダビスタPをまたやるために中古のPSPを購入したことを書きました。

 

 

topgunblog.hatenablog.com

 

 

その後ダビスタPを少しプレイしてみての感想と、また今更ながらのダビスタPの進め方などについても簡単に触れたいと思います。

 

 

ダビスタPを再開してはみたが

 

 

中古で買ったものの、外見はあまりキズはなかったPSPですが、実際にプレイしてみて特に問題は出ませんでした。

 

 

ダビスタPですが、1年ちょっと前にまた新たにデータを作ってプレイしていましたが、あまり進めていませんでした。今回は63年目からのスタートでした。

 

 

再開した時点ではオープン馬が1頭いて、残り4頭は条件馬、そしてデビュー前の2歳馬がいました。1年程度進めてみましたが、1番人気でもあっさりと負けるケースが多かったです。

 

 

それだけ難易度は高めのゲームという感じで、不安定な成績になることは多いですね。

 

 

牧場も資金は13億あってそれなりに軌道には乗っているとは思いますが、能力の高い馬の生産はこれから多くやっていければと思います。

 

 

ダビスタPは追い込み有利も

 

11年前に発売されたゲームの攻略についても需要があるのかはわかりませんが、ダビスタPにおいてのポイントを書きます。

 

 

このゲームは逃げ、先行が圧倒的に不利で、ゴール前で止まることが多いです。いわゆる逆噴射します。

 

 

なので差し、追い込みが有利とされていますが、それでも確実に勝ちやすい戦法ではないと思っています。

 

 

差しを指示しても前に行ったりするのは、その馬がスピードがあったり、好スタートを切ることなどが要因だと思います。

 

 

ならな追い込み一択ということになるのですが、追い込みでも不安定な部分があり、届かなかったり、または馬群を捌けずに前が詰まったりとするシーンもあります。

 

 

基本的には追い込み指示にはなるのですが、それでも高確率で好走するというイメージではないです。もちろん馬に力があれば追い込みでも届くのでしょうが。

 

 

種付け、調教法は他のダビスタシリーズとあまり変わっていないと思うのですが、まず種付けは能力の高い繁殖牝馬を用意すること。

 

 

調教も成長タイプにもよるのですが、スピードとスタミナをバランスよく鍛えることが必要だと思います。

 

 

最後に

 

ダビスタPはあまり評判の良くなかったダビスタ04よりも勝ちにくいゲームになっているとは思いますが、少しでもいい馬を生産できるようにやっていければと思います。