スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

やっぱりウイニングポスト8 2018が発売になるみたいです

 

f:id:topgun428:20171208174055j:plain

 

 

何となくですが、ヨドバシカメラドットコムでゲームを検索していたら、「ウイニングポスト8 2018」があったのですよ。そこでまた来年もウイニングポスト8が発売されることを知りました。

 

 

実際には2日ほど前に告知がされていたようですが、ウイニングポスト8 2018が発売ですって。PS4PSvitaNintendo Switch、PC版からの発売みたいですね。

 

 

ウイニングポスト8 2017は現在Nitendo Swith版でプレイしているのですが、2017の発売が9月15日で、2018の発売が来年の3月15日を予定しています。

 

 

半年でもう発売ですかという感じになり、2017の方はサボり気味でまだ2000年代にも突入してないのです。

 

 

2018の購入に関しては発売日直後に購入するかはわかりませんが、新しいシステムについて少し書きたいと思います。

 

 

・新調教システムの導入 

 

より細かく調教の指示が出来るようになるみたいです。ダビスタみたいに調教コース、調教の強さ、単走か併せ馬かを選択できるようです。まさにダビスタの調教かもしれません。

 

調教システムを細かく設定できるようになると、それだけ手間がかかり、プレイ時間が長くなるのではと私は思いましたが、当然調教師に任せることも出来るでしょう。

 

 

頭数が増えると管理が難しくなってきそうですが。

 

 

・競走馬の能力が16段階に

 

競走馬の能力は従来の4段階(C~S)から16段階(G~S̟⁺)になるみたいです。競走馬の個々の能力が数値化されるのは現実的ではない(距離適性がきっちりとわかることも含めて)と思いますが、ゲームだからと思えばね。

 

 

これも実際にプレイしてみないと実感などは湧かないのかなと思いますが、そこまで魅力的には私は思わないのが現状です・・・。

 

 

・ドリームマッチ

 

一年に一度開催があり、いろいろと好き勝手にレースを設定できるようです。これも現実ではないことなのですが、毎年必ず1レースはやらないといけないのでしょうかね。何か面倒くさいです。

 

 

2017から導入された「歴代名馬100選」もランクにはあまり納得がいかないこともありますし、ドリームマッチは特に無くてもいいのかなと思います。

 

 

それから人馬の絆イベントが拡大されるみたいです。これもまた詳細が分かるでしょう。

 

 

2018の新要素では新秘書の黒羽のぞみさんが一番魅力的に思っているのが現状です。

 

 

最後に

 

私としてはまだ2017がそこまで進めていないので、2018は特にSwitch版の購入は慎重にはなるところ。ウイニングポストにグラフィックはあまり望んでいないのでテレビ画面や携帯モードで遊べるSwitch版でも十分だとは思っています。

 

 

まだ発売まで時間はありますし、これからまた新情報が出てくるはずなので、その情報なども見ながら検討したいと思います。

 

 

ウイニングポスト8 2018の情報はコーエー公式サイトやPlaystation.blogなどに掲載されています。