スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

kindle unlimited 今後の継続利用については微妙

 

f:id:topgun428:20171108150004j:plain

 

 

amazonで月額定額制の読み放題サービスであるkindle unlimitedを利用して2か月になります。また9月に1か月の無料体験も経験しているので、サービス自体は3か月くらい利用しています。

 

 

この読み放題のサービスを利用しているのですが、それほど読書をする機会が増えたわけではないです。ただ本を読みたいという時には読む気力のようなものが結構あったりして、ムラがある感じなんです。

 

 

昨年の11月に登録しての感想や、kindle unlimitedの継続利用について今回は書いていきたいと思います。

 

 

やはり読みたい本が対象になっているわけではない

 

実際にkindle unlimitedでは190万冊ほどのタイトルが読み放題の対象になっているようですが、自分が読みたいという本が必ずしも読み放題の対象になっていないということはよくあることなんですよね。

 

 

kindle unlimitedで私はビジネス本や自己啓発本目当てで登録したのですが、自分が興味を持ったタイトルの本はkindle unlimitedの対象になっていないケースが多かったです。

 

 

これはamazon側と著者との契約などの複雑な要素も絡んでくると思うのですが、世間でベストセラーになっている本がkindle unlimitedで読み放題になることもあまりないという印象です。

 

 

自分が興味を持った書籍の多くがkindle unlimitedの対象になっていれば、それだけkindle unlimitedで読書をする時間も増えると思うのですが。

 

 

実際にkindle unlimitedで読んだ書籍から5冊取り上げてみる

 

読み放題のサービスを利用している割にはあまり本を読んでいないと思うのですが、ここでは簡単に勉強になった本を5冊取り上げたいと思います。

 

 

1 ブログ起業:10年9割廃業時代を生き抜くブログ×ビジネス戦略

 

 

 

著者のかん吉さんは実際にブログで結果を出している方です。ブログを書くモチベーションが上がるようなことも書いていますし、ブログの戦略も書かれていることで勉強になる書籍です。

 

 

2 モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書

 

 

 

 

団塊の世代と現在の若者の働き方の違いについてまず書かれており、またこれからの働き方についても書いてある本です。ベストセラーの表示がされていて多くの人が読んでいるようです。月額定額制で読める本では勉強になるほうかなと。

 

 

3 一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?

 

 

一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか? 一流のこだわりシリーズ

一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか? 一流のこだわりシリーズ

 

 

朝4時起きしろなど、自分とは考えが違うことが書かれているものの、実際に結果を出している人が書いた本なので参考にはなります。たくさん本を読む重要性については自分も取り入れたいなと。

 

 

4 好きなことだけして生きていけ

 

好きなことだけして生きていけ

好きなことだけして生きていけ

 

 

 

この本について過去に記事にしたのですが、千田琢哉さんの本も数冊、読み放題の対象になっています。好きなことをすれば人生が楽しめるということですね。

 

 

5 「自分に自信がない人」は、文字通り「何をやってもダメ」だと思った話。

 

 

 

あのイケダハヤトさんの本も読み放題の対象になっているのですが、この書籍は全部で30ページほどです。このような短い時間で読めるイケダさんの本はほかにもあります。自信をもって取り組めということですね。

 

 

来月以降の継続利用は微妙

 

自分が読みたいと思っている本がkindle unlimitedの対象に必ずしもなっていないというのは他の人も指摘している部分だとは思うのですよね。

 

 

ビジネス本や自己啓発本は1冊あたり1500円前後することが多いと思っているのですが、それに比べて月額980円で利用できるkindle unlimitedはいいと思います。

 

 

ただ読みたい本があまりないとなかなかサービスを利用する機会も多くはないと思いますし、微妙な部分もあるので継続利用については考えるところですね。