スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

今年の野球には期待しない つまり他人に期待しない生き方だ

 

f:id:topgun428:20170502151243j:plain

 

 

しばらくはシーズンオフだったので、野球に関する記事は書かなかったのですが、今月からプロ野球はキャンプが始まり、実践も行われるようになっています。

 

 

私は以前から書いているのですが、パ・リーグ千葉ロッテマリーンズセ・リーグ東京ヤクルトスワローズのファンです。皆さんもご承知の通り、昨シーズンの両リーグの最下位チームです。

 

 

今年のマリーンズとスワローズには期待しない

 

今年は最下位からの逆襲を狙っている両チームだとは思いますが、両チームとも厳しいと思いますし、期待もしない。むしろ現実視すれば、期待できるチーム状況ではないでしょう。

 

 

あれだけ昨年負けたチームが翌年に優勝争いというのは現実的ではないと思いますし、ライバル球団との力量差もあると思っています。

 

 

マリーンズに関しては球団オーナーのお家騒動もあったりする状況で、補強費も限られていると思います。それに観客動員は12球団でもワーストクラスなので、収入も少ないはず。

 

 

やってみなければわからないですが、井口監督1年目の効果が出る可能性は秘めているものの、現実を見なければいけないのかなと。

 

 

スワローズはまずはケガ人を出さないことがミッションにはなると思いますが、メジャー帰りの青木宣親を加えたとはいえ、こちらは昨年100敗に迫る敗戦があったので、スワローズも現実視すれば厳しいシーズンが予想されます。

 

 

他人には期待しない生き方

 

 

そもそも私は他人に期待しないように心がけています。少なくとも過剰な期待は基本的にしないです。期待通りいかなかった時にはガッカリ感がありますからね。

 

 

他人に期待しないのはお笑いBIG3でおなじみのタモリさんも実践しているようですし、堀江貴文氏が書いた「多動力」でも他人に過剰に期待しない方がいいと書かれています。

 

 

他人に期待しないことによって、人生が楽になると言いますし、「他人なんてこんなもんだよね」という感じに思えた方がいいということみたいです。

 

 

そもそも他人をコントロールすべきではないと思っていますしね。

 

 

期待通りにいかなかったら復讐行動に出る

 

 

近年はSNSやネットで他人を平気で批判するおバカさんは数多くいますね。そういう連中に限って論理的ではなく、本人や人前では言えないような批判を書き込みます。

 

 

なぜ批判するのかというと、自分の思い通りではなかったことが要因の一つだと思います。価値観や考え方が自分と違うだけで他人を批判する悲しい世の中になっていますし、気に入らないから批判しているだけのケースも多いでしょう。

 

 

これを昨年のマリーンズやスワローズに当てはめると、球団の公式アカウントに批判的なコメントが殺到しました。その多くは「お前、それを球団関係者の目の前で言えるのか?」という内容の物が多かったと感じています。

 

 

どこまでチームに期待していたかはわかりませんが、結局思い通りにいかなかったことで、SNSやネットを利用して復讐行動に出でいるということです。

 

 

本来は自分にも要因があるのにかかわらず、レベルの低い人間は他者の問題にすり替えて批判するということで、これは民度の低い人間がすることだと思っています。

 

 

球場でも実際に批判的なことを言っている連中もいますが、それはスタンドにいるからできることで、実際に本人や関係者を目の前でも同じことが言えるかはわからないでしょう。

 

 

自分としてはそういう三流以下の人間がする行為を相当嫌っていますし、気に入らなかっただけで批判するバカにはなりたくはありません。

 

 

さいごに

 

 

他者へ期待する人生を選択するか、または期待しない人生を選択するかは個人の勝手なのですが、期待通りいかなかったことで批判する人間が多い世の中なので、自分は逆のことを使用と思っています。

 

 

まあ、今年のマリーンズとスワローズは普通に考えれば不安も先行しますし、そういう時に限って予想が外れることもあるので、今年はガマンの年だと思って試合を観るのだと思います。