スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

Nintendo SwitchのmicroSDカードの容量はどれを選べばいいの?

 

f:id:topgun428:20170619144245j:plain

 

 

Nintendo Switchが発売されて1年が経過しました。在庫も少なかった時期が続いたのですが、ここ最近は在庫の方も多少潤ってきた感じがします。

 

 

そこで今回はNitendo Switchにはどのような容量のmicroSDカードを選べばいいのかということです。

 

 

知っている方がほとんどでしょうが、Nintendo Switchの本体のストレージは32GBですが、microSDカードで容量を増やすことが出来ます。

 

 

私自身もSwitch用にmicroSDカードは購入し、そのことも実際に記事にしました。

 

 

topgunblog.hatenablog.com

 

 

16GBのカードを購入したのですが、もっぱらゲームのスクリーンショットmicroSDカードに保存するように使っています。ブログでプレイ日記を書く時には、スクリーンショットを画像として載せることがいいとは思うのですが。

 

 

人気のゲームのダウンロード版の容量

 

 

ただ、実際には16GBでは厳しい面もあると思います。人気のあるゲームをダウンロード版で購入した時に必要な容量は

 

 

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド  13.4GB

 

マリオカート8 デラックス  7.0GB

 

スプラトゥーン2  4.0GB

 

スーパーマリオ オデッセイ  5.3GB

 

ゼノブレイド2  13.0GB

 

Skyrim  14.5GB

 

 

一番容量を必要とするのはドラゴンクエスト ヒーローズ Ⅰ・Ⅱ for Nintendo Switchの32.0GBです。   

 

 

今、私が所有している16GBのmicroSDカードではゼルダの伝説ゼノブレイド2では1本が限界です。そもそもダウンロード版のゲームのため購入したわけではないのですが。

 

 

「どういうゲームをプレイするのか」、あるいは「このゲームはパッケージ版で遊びたいけど、これはダウンロード版で遊びたい」といったことによって違いはあると思います。

 

 

私はダウンロード版よりもパッケージ版で遊ぶ機会が多くなると思います。パッケージ版なら遊び終わったゲームを買取に出すことが出来ますし。しかし長く遊びたいゲームはダウンロード版での購入になりそうです。

 

 

ダウンロード版とパッケージ版を併用して遊ぶ人は32GB、あるいは64GBmicroSDカードを選択するといいのかもしれません。

 

 

家電量販店よりもamazonなどのネット通販は安い

 

 

ダウンロード版を中心にゲームを購入するという方は大容量のmicroSDカードを購入することをおススメします。64GBや128GBmicroSDカードですね。

 

 

家電量販店でもmicroSDカードは売られているのですが、Amazonなどのネット通販に比べると割高な感じを受けます。

 

 

例えば32GBの容量のmicroSDカードはamazonだと1500円前後で売られていますが、ヨドバシカメラなどの通販では2000円を超える価格になっています。価格を重視するなら、amazonなどでの購入になると思います。

 

 

amazonでは海外の製品もありますが、個人的には日本の製品を使っていければと思っています。

 

 

さいごに

 

パッケージ版とダウンロード版の両方で遊ぶ人→32~64GB

 

ダウンロード版を主に遊ぶ人→64~128GB

 

 

ではないかと思います。本体の容量が少ないのは本体価格を高騰させないためだとも言われていますが、microSDカードで補えるので、検討することも必要かもしれませんね。