スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

iPadは多くの人はセルラーモデルよりもWi-Fiモデルがいいと思う

 

f:id:topgun428:20180402153018j:plain

 

 

このブログでも書いたのですが、先日発売された新型の第6世代iPadApple Pencilに対応していることで購入する人も多いのではないかと思います。すでにiPadを所有している人だけでなく、他のタブレットからの乗り換えでiPadデビューする人もいるかと思います。

 

 

iPadはキャリア契約するセルラーモデルと、キャリアとの契約をしないWi-Fiモデルの2つに分けられると思います。今回はそれについての考察です。

 

 

多くの人はWi-Fiモデルの方がいいのでは

 

 

私自身は3年ほど前にiPad Air2を所有。それが初めてのiPadだったのですが、その時には携帯電話のキャリア回線での契約でした。セルラーモデルを所有し、現在はWi-FiモデルのiPadを所有しています。

 

 

セルラーモデルとWi-Fiモデルの両方のiPadを所有したことがある人間ですが、今回のテーマでは多くの人に関してはWi-FiモデルのiPadを所有するのがいいのかなと思います。特に携帯電話がiPhoneという人はそうだと思います。

 

 

他のブログでも似たような記事が多くあると思いますが、私自身もこれからはiPadWi-Fiモデルを使用することになると思います。

 

 

本体価格はセルラーモデルの方が高め 

 

先日発売された第6世代のiPad32GBモデルの本体価格ですが

 

 

Wi-Fiモデル 定価 40824円

 

docomo セルラーモデル 現金販売価格 57024円

 

 

セルラーモデルはdocomoを参考にしました。およそ17000円の価格差が第6世代の32GBモデルのiPadではあります。

 

 

これをどう捉えるかですが、私は価格差は結構開いていると感じます。セルラーモデルは基本使用料などの維持費もありますし、資金、お金がある人向けなのかなとも思います。

 

 

17000円あれば、他のiPadのアクセサリなどを購入できると思うので、そちらに投資するという考えもあります。

 

 

iPhoneテザリング機能を利用する

 

 

iPhoneを所有しているはタブレットiPadにするのがいいと思いますが、iPhoneテザリング機能を使えば簡単にネット回線に通信が出来ます。もちろん、iPhoneSIMカードが挿入されていることが必須ですが。

 

 

テザリングの仕方は他のサイトやブログで詳しく載っていると思いますが、ほとんど時間をかけずにネット回線につなげることが出来ます。その作業が面倒と感じる人には少し厳しいですが、苦にならない人はテザリング機能を利用するのが得策でしょう。

 

 

注意するところでは、テザリング機能を使用することで、iPhoneの充電の減りが早くなることです。それと通信量にも注意でしょうが、Wi-Fiが利用できる店舗では、iPhoneが自動的に店内のWi-Fiに繋がることも多いので、主にWi-Fiが繋がる環境でiPadを利用すればいいということだと思います。

 

 

外出先でiPadを頻繁に利用するかどうか

 

 

逆にセルラーモデルのiPadの利用を薦める人は、資金に余裕がある人、または外出先でよくiPadを利用する機会が多い人でしょう。外出先で頻繁に利用する人も通信量に注意ですけどね。

 

 

ただ、外出先でiPadを使用する場所は、W-Fiが利用できるカフェなどが多いと思います。私はそうなんですけどね。外出先でネットを利用する時にはiPhoneを使うケースが多いですね。

 

 

いつでもネットに繋げられるセルラーモデルの方が便利と思う人もいるでしょうし、そのあたりは個人によってだと思いますが、多くの人は外出先で頻繁にiPadを利用することはそこまで無いと思います。

 

 

さいごに

 

私が初めてiPadを所有した時には、あまりよくわからずキャリア契約にしてしまったのですが、今ではWi-Fiモデルで十分だと思っています。セルラーモデルを所有したことには後悔はありませんが。

 

 

Wi-Fiモデルでも実用性は高いですし、iPadを含めたタブレットPCはやはり便利ですよ。