スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

皐月賞2017の回顧をしてみる

 

少し前までは競馬に関する記事を書いていたのですが、「雑記ブログで競馬の話題はどうか」と思ってたのであまり最近は書いてなかった。でも特に大きな話題もないので皐月賞の回顧でも書いてみます。

 

 

皐月賞2017の回顧

 

 

今更ながら、皐月賞は軸ということではジャンダルムが有力と思っており、妙味があるところではアイトーン、マイネルファンロン、サンリヴァルといった馬を評価していました。

 

 

レースの方は先行した3頭は結構厳しい流れだったと思います。前半の1000メートルを59秒台で先行したのですからね。ただ、離れていた4番手以下の馬にはスローペースだったと思います。

 

 

なのでエポカドーロやサンリヴァルの位置取りにいた馬が好走するレースだったと思いますし、中段より後ろにいた馬には厳しい展開だったと思います。

 

 

オルフェーヴル産駒はクラシック初制覇ですが、オルフェーヴル自身が道悪巧者のステイゴールド産駒ですから、今日の馬場も味方につけた思います。また2着がルーラーシップ産駒で3着が父ロベルト系ですから、これも馬場を苦にしなかったと言えます。

 

 

逆にワグネリアンは位置取りも悪かったと思いますが、馬場というよりかは、上がりがかかる展開になると厳しい馬ということだと思います。

 

 

ステルヴィオやキタノコマンドール掲示板まで載りましたが、展開なども少し厳しかった。ただキタノコマンドールは東京の芝2400メートルは良さそうな血統をしています。

 

 

今年のダービーは混戦になりそう

 

 

今年の皐月賞はダノンプレミアムが回避したことや馬場の影響もレースにはあったと思います。そのダノンは一頓挫あってダービー出走になりますし、皐月賞もこういう結果になったので、ダービーは混戦模様ではあると思います。

 

 

皐月賞組以外のトライアル組の評価が重要となってきそうですね。青葉賞の勝ち馬はダービーでは2着までの歴史があるのですが、今年の状況なら青葉賞京都新聞杯を使ってきた組にもチャンスは例年よりも可能性は高いかもしれません。