スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

オークス2018の見解 今回もアーモンドアイ優位とみる

 

日曜日は牝馬クラシック第2弾であるオークスが行なわれるので、オークスの見解でも書きたいと思います。主に有力馬の評価や伏兵で面白い馬についてコメントをしようとは思います。

 

 

オークス出走馬の主な評価

 

 

桜花賞で強烈な勝ち方をしたアーモンドアイを素直に重視するかどうかが重要だと思うのですが、父はロードカナロアであるものの、母はオークスの2着フサイチパンドラですし、同世代同士の牝馬との対戦なら、距離が持つと言うよりもオークスでは勝負になると思います。

 

 

母系には東京コースに強いヌレイエフが入っていますし、近年のオークスでもヌーヴォレコルトミッキークイーンなどはヌレイエフの血が入っていました。シンザン記念桜花賞の競馬が強すぎたことだけが不安で、2冠の可能性は十分にあるのではないかと思います。

 

 

桜花賞で無敗がストップしたラッキーライラックですが、半姉のラルクが先日2400メートルで勝利したみたいです。母方は北米のダート色が強いのですが、この馬もオークスなら勝負になると思います。

 

 

桜花賞3着のリリーノーブルは父がスタミナ種牡馬としての資質があるルーラーシップなので距離には不安はないと思いますが、ラッキーライラックには3戦して完敗しているの所は少し厳しいと思います。

 

 

フローラステークスを後方一気で勝ったサトノワルキューレゆきやなぎ賞で2400メートルを勝利しているので距離不安はないと思いますが、この馬は関西馬なので、中3週で再度関東への輸送は気になります。

 

 

カンタービレフラワーカップからの直行になるのでそこまで人気はないと思うのですが、母父ガリレオで、母方欧州血統はオークスでも好走例があります。少し重たい血統だと思うので、タフな競馬になるのが望ましいでしょう。

 

 

その他の伏兵陣ではレッドサクヤですかね。全姉のエバーブロッサムはオークス2着ですし、3着あたりに来る可能性はある気がします。

 

 

オールフォーラヴは母レディアルバローザなので距離への不安と、マウレアもローテーションの問題があると思いますし、抑えまでの評価ですかね。

 

 

オークス2018総括

 

 

今回でもアーモンドアイが優勢とみて、ラッキーライラックも評価しますが、人気の2頭なので、妙味があるカンタービレとレッドサクヤも評価。これまで触れなかった馬ではキャリアの浅さが気になるもののロサグラウカになります。