スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

外出先でMacbookを使用する人は iPadはセルラーモデルの選択肢も

 

f:id:topgun428:20180626102344j:plain

 

 

公開日 2018年7月12日

 

 

他のメーカーのタブレットもそういった部分があると思うのですが、iPadにはWi-Fiモデルとセルラーモデルがあります。私は9.7インチのiPadしか所有したことはないので、iPad ProやiPad miniは所有したことはないのですが。

 

 

 

ただ、9.7インチのiPadに関してはWi-Fiモデルとセルラーモデルの両方を使用したことはあります。初めてのiPadは3年以上前にiPad Air2のセルラーモデルを契約し、使用してきました。

 

 

Wi-Fiモデルかセルラーモデルか 

 

 

それから値段が安くなった第5世代のiPadと第6世代のiPadを使用してきました。iPadは普段の生活でも重宝するアイテムとして使用して来ました。

 

 

 

Wi-Fiモデルとセルラーモデルの違いに関してはGoogle先生に聞けばわかることですが、Wi-Fiモデルは主にWi-Fi環境のもとに使用が出来ます。反対にセルラーモデルはキャリアの回線が使えるので、iPhoneと同じような感覚で使えます。

 

 

 

Wi-FiモデルはWi-Fi環境になくても、iPhoneがあればテザリング機能を使用してネット回線に繋げる事が出来ます。私も外出先でiPadを使用してブログを書いた時期もありますが、テザリング機能を主に使用していました。

 

 

そのことからiPadWi-Fiモデルで十分であると思っていました。実際に私がよく閲覧するApple信者の方のサイトではWi-Fiモデルの購入を薦めていますし。

 

 

ただ、iPadセルラーモデルの購入を薦めている方も多くいて、とある方の記事ではMacbookを使用している人はセルラーモデルをお薦めできるということを書いていました。

 

 

Macbookを外出先では使用する人はセルラーモデルも視野に

 

 

私はMacbook Airを外出先で使用して、主にこのブログの記事を書いたりしています。今回の記事も外出先で書いているのですが、これもiPadと同じようにiPhoneテザリング機能を使っています。

 

 

気になるのは、テザリング機能を使用すると、iPhoneの充電の減りが早くなることです。何時間もテザリング機能を使用することはないのですが、iPhoneの充電が少ない時には気を使いますね。

 

 

iPhoneの充電はあまり少なくならないようにはしていて、カバンにもモバイルバッテリーは携帯しているものの、万が一の事も考えて、iPhoneの充電は0にならない様にはしています。

 

 

iPhoneの代わりにiPadでもテザリングが出来る様なので、テザリングiPadでの使用も考えるという事もアリだと思いました。外出先ではその分、荷物にはなるのですが。

 

 

通話機能があるiPhoneが充電が少なくなると厳しいと思うので、そのリスクを少なくするためにiPadテザリングするのは賢いやり方ではないかと思います。

 

 

今日のまとめ

 

 

iPhone用にモバイルバッテリーを常に携帯する事もいいのでしょうが、Macbookを使用して長時間にわたり外出先で作業する人はiPadテザリングする事も考えて、iPadセルラーモデルでもいいのではないかと思います。