スペシャルウィークなブログ

30代男がスポーツや家電や日常生活で思ったことなどを書いています。

旧型MacBook Air 2017を使用して分かったこと

f:id:topgun428:20180630094653j:plain

 

公開日 2018年11月30日

 

 

今月の7日に新型MacBook Airが発売されたわけですが、私は旧型のMacBook Air 2017を使用しています。これは今年の6月の終わりから使用していて、もう5ヶ月ほどになります。

 

 

旧型となるMacBook Air 2017はまだApple Storeなどで発売されれているのですが、出来るだけ安くMacを購入したい人向けではないかと思います。

 

 

topgunblog.hatenablog.com

 

 

今回は5ヶ月間、MacBook Air 2017を使用してみて感じたことを書いてみたいと思います。

 

 

自分にとってはスペックはちょうどいいくらい

 

 

f:id:topgun428:20181130153511j:plain

 

私は一番安いメモリ8GBで128GBのモデルを選びました。ヤマダ電機で購入したのですが、ポイントを考慮すれば実質9万円台で購入が出来ました。

 

 

使用用途は主にネットブラウジングや動画視聴、そしてこのブログの記事更新です。なのでMacBookMacBook Proが本来は機能としてはいいのでしょうが、MacBook Airでも大きな不満はありません。

 

 

ただし、動画編集は簡単な作業でも時間がかかるように思えます。デジカメなので撮影した数分のフルHDの動画でも10分で作業が終わるという感じではないです。

 

 

動画編集は頻繁に行うものではないのですが、たまにしかやらないということを考えれば、MacBook Air 2017でも何とかなるのではないかと思います。

 

 128GBの容量は外付けHDDやiCloudの使用は必須

 

私は最小容量の128GBのモデルを使用していると書きましたが、外付けHDDを使用すれば何とかなると思いました。実際に大事なデータは外付けHDDで管理するのが好ましいと思います。

 

 

特に写真や動画を撮影して、それを保存したりする場合はすぐに容量が一杯になるので、外付けHDDの使用や、AppleiCloudに保存する必要があると思います。

 

 

さらにBootCampやParallelesといったWindowsの仮想化をしたい場合には容量が必要ですから256GBの容量を選択するといいと思います。

 

 

Appleのサイトによると、BootCampの場合は最低64GB、快適に利用できるためには128GBを確保することをオススメしています。

 

 

外出先でブログ記事作成する機会が多くなった

 

f:id:topgun428:20181130153536j:plain

 

この記事も某都内のスターバックスで書いているのですが、MacBook Air 2017を使用してから外出先で作業をすることが増えました。

 

 

カフェに行くと何かしら作業をするという習慣になっていると思います。スタバなどでは毅然とした態度でMacBook Airを使っています。

 

 

iPadなどでもブログの記事は書けるのですが、外出先の空いた時間で作業ができるのもいいですし、家ではいろんな誘惑があるので、集中したい時にはカフェに行ったりします。

 

 

持ち運ぶ時も重いという感じはあまりないですし、ディスプレイの解像度は問題がありますが、13インチというサイズもいいです。

 

 

大きな画面で見たい時にはケーブルで繋ぐのが便利

 

大きな画面でより鮮明にしたい場合はディスプレイに繋いで見るのがいいです。MacBook Airは4K出力に対応しているので、4Kディスプレイやテレビがあればより鮮明にすることができます。

 

 

私はMacLabのThunderbolt HDMI変換ケーブルを使用しています。

 

 

 

 MacBook Air 2017を使用してみてのまとめ

 

 

基本的にはスペックが高めの新型MacBook AirMacBook Proを使用した方がいいのでしょうが、なるべく安くMacBookを購入したい人はMacBook Air 2017が候補になると思います。

 

 

動画編集などのあまり重たい作業をしなければ、MacBook AIr 2017でも何とかやれるのと、サブパソコンとしてもいいのではないかと思います。