読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています

日本ダービー2017出走有力馬の現時点での評価 まずは皐月賞組

 

f:id:topgun428:20170524160013j:plain

 

 

今回は日本ダービーの有力とされる出走馬の現時点での評価などを書いていきたいと思います。まずは皐月賞組の中から上位に来た馬を中心に書きたいと思います。

 

 

今年は混戦と言われている年ですが、皐月賞組は毎年ダービーで馬券になっているので、まずは皐月賞組を重視していきたいですね。

 

 

アルアイン

 

 

f:id:topgun428:20170524160759j:plain

 

 

父のディープインパクトは産駒がダービーを3勝しています。昨年は特に上位独占でした。母のドバイマジェスティはエーピーインディ系で、ダート7ハロンBCフィリー&メアスプリントに勝利した馬です。さらに母系に大舞台に強いリボーの血が入っているのは好印象。

 

 

道悪だったシンザン記念以外は4戦4勝と言う成績は能力があると言うことでしょうが、母は1200から1600メートルを主に走っていたので、母系からは東京の2400メートルはベストではないように思えますし、エーピーインディ系も出走数は少ないと思いますが、ダービーへの適性はどうか。能力はこの世代では高いかもしれませんが。

 

 

ぺルシアンナイト

 

ハービンジャーの産駒は中山芝2000メートルは得意なので、それで皐月賞の好走に繋がったような気がします。またハービンジャー産駒は先週のオークスでモズカッチャンが2着しています。叔父にダートで活躍したゴールドアリュールなどがいる血統です。

 

 

叔父のゴールドアリュールは02年のダービーで18番枠から5着に検討していますし、母母父ヌレイエフも東京コースは得意。乗り替わりは気になるものの、6戦して馬券圏内を外していないので、少なくとも抑えには必要。

 

 

ダンビュライト

 

父のルーラーシップは今年のクラシック世代が初年度産駒。母系は叔父にジャパンカップダートに勝利したアロンダイトがいて、さらに近親にエリザベス女王杯宝塚記念に勝利したマリアライトクリソライトリアファルがいる血統です。

 

 

堅実に走るものの、新馬戦の勝利のみと言う馬がダービーで勝ち切るかと言うと難しいと思いますが、ルーラーシップエアグルーヴの系統。さらにダンビュライトの母系にはリボーを内包しているので、今回も上位に来る可能性はあると見ます。

 

 

レイデオロ

 

父のキングカメハメハは04年のダービー馬で、産駒はドゥラメンテが勝利しています。また母父のシンボリクリスエスはダービー2着。母系はウインドインハーヘアの系統ですが、ディープインパクト以外は中々クラシックに縁がないです。叔父に帝王賞を制したゴルトブリッツ

 

 

ソエの影響で皐月賞が今季初戦となりましたが、それでも後方からの競馬で5着は着順以上の評価をする必要はありそうです。ダービーに標準を定めてきた感もしますし、藤沢調教師悲願のダービー制覇の可能性は十分にありそうです。

 

 

スワーヴリチャード

 

父のハーツクライは04年の2着馬で、産駒からはワンアンドオンリーがダービーを勝利しています。母系はアメリカのダート血統で、半兄にバンドワゴンがいます。ハーツクライ×母系ダート血統はジャスタウェイなど活躍馬が多いとされています。

 

 

皐月賞は大型馬の内枠に、フットワークが大きいと言われる馬なので厳しかったと思います。それでも0.4差に来ていますし、ローテーションからも大目標はダービーと読み取れるので、期待出来そうです。

 

 

 

今回は皐月賞組を取り上げてみましたが、残りのトライアル組や他の伏兵視されている馬はまた書ければと思います。