スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

マイルチャンピオンシップ2017の予想

 

年末までGⅠレースが行われる週末が続きますが、このブログでもとりあえずはレースの予想を書きたいと思います。

 

 

日曜日に京都競馬場で行われるマイルチャンピオンシップですが、京都芝1600メートル外回りで行われることもあってディープインパクト産駒が強いレースです。

 

 

ただこれといって信頼が置けるディープインパクト産駒がいるわけではないですし、今年はこのレースでは不振傾向にある3歳馬も何頭か出走しています。

 

 

メンバー的にも難解だと思いますし、過去の傾向があまり当てはまらない結果になる可能性もありそうです。

 

 

マイルチャンピオンシップ2017の予想

 

 

本命馬 ◎ イスラボニータ

 

 

今更ながら3年前の皐月賞馬を本命ですが、連軸としては大崩れはないのではないかと思います。同コースのマイラーズカップを今年勝ったのですが、基本的に勝ち切るイメージがないキャラなのは仕方がないところ。

 

 

過去2年のこのレースでも上位には来ていますし、フジキセキ産駒では他にサダムパテックが勝利したことのあるレースです。安田記念はスムーズな競馬が出来ずに敗れましたが、自分の力を出せば上位には来るでしょう。

 

 

相手にはまず安田記念の勝ち馬であるサトノアラジンです。安田記念好走馬よりもそこで負けた馬が妙味のあるレースと言われるのですが、今年の状況ならマイルCSでも走っちゃうこともありそうです。

 

 

昨年は不利もあり敗戦。天皇賞秋は最後はレースを流した感じでダメージはそれほどないと思います。

 

 

あとは爆穴候補でガリバルディを挙げます。昨年は17番枠からの厳しいスタートでしたが、それでも7着と大負けはせず。兄のマルカシェンクは京都コースは良かったと思いますし、今年も14番枠ですが、ディープ産駒の中では大掛けの可能性は少しくらいあるかな。

 

 

白△以下は乗り替わりでもエアスピネルは割と上位評価。安田記念でも3着に追い込んだレッドファルクス、逃げのマルターズアポジー、昨年のマイラーズカップの勝ち馬クルーガー、サングレーザーはあまり相性の良くない3歳馬に、1600メートルでの勝ち鞍が無いのは気になります。

 

 

 

マイルチャンピオンシップの最終結

 

 

父サンデー系が相性の良いレースということもあって、上位は父サンデー系の馬にしました。連軸という意味ではイスラボニータで、相手にディープ産駒のサトノアラジンガリバルディ。父は共にミスプロ系ながらもエアスピネルレッドファルクスも一定の評価にはしました。