スペシャルウィークなブログ

スポーツやゲームや日常生活で思ったことなどを書いています。

エリザベス女王杯2017の予想

 

日曜日にエリザベス女王杯が行われるので予想を書いてみることにしますが、「雑記ブログで競馬の予想はどうなのよ」とは思ってきました。まあ一応簡潔には書いてみます。

 

 

エリザベス女王杯2017の予想

 

 

今年のエリザベス女王杯ドバイターフを制したヴィブロスが出走することでこの馬の評価をどうするか。後は3歳馬が強いレースですね。

 

 

昨年は馬券にならずに4着が最高でしたが、秋華賞からエリザベス女王杯が中3週になってから3歳馬が1頭は馬券になることは多い気がします。

 

 

本命馬 ヴィブロス

 

 

3歳馬を本来は評価したいレースですが、今年の秋華賞は道悪で行われ、流れもタフになり消耗の激しいレースだったと思います。そこから中3週の参戦ですから、今年の3歳馬(もちろん秋華賞からの参戦)に関してはそこまで高く評価はしないです。

 

 

なのでヴィブロスが本命と言う訳です。古馬勢でもヴィブロスよりもポテンシャルの高い馬はいないと思いますし、軸としてはヴィブロスで仕方ないのかなと思います。

 

 

相手候補はジューヌポレールルージュバックルージュバックも人気の一角ですが、マンハッタンカフェ産駒ですので京都は合うと思いますし、能力はある馬ですよね。基本的にスローからの瞬発力勝負じゃないと来ない馬ですが、GⅠを取るにここじゃないですかね。

 

 

ジューヌポレールヴィクトリアマイルで3着の実績がありますし、半兄サダムパテックマイルCSを勝っていますし京都はいいでしょう。2200メートルの距離は初めてですが、サダムパテック弥生賞勝ちと皐月賞2着がありますし、ジューヌポレールは父がディープに替わってるので距離はこなせそうです。

 

 

その他ではリピーターが強いレースから昨年の覇者のクイーンズリング京都大賞典勝ちのスマートレイアー。3歳馬ではディアドラ、リスグラシュー、モズカッチャンの秋華賞上位組。今年も休み明けでの出走のミッキークイーンですかね。

 

 

 

あまり波乱の要素は少ないと思いますが、メンバーが集まった中でも牝馬同士ならヴィブロスという見解です。相手はルージュバックと穴候補からジューヌポレール